ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スペアボールの種類と意外なデメリット(クリアボール・記念品ボール)

■見た目は良いボール

Balls
Balls / ARTS


スペアボールによくあるクリアボールや記念品ボールはGOODなデザインが多く、皆さんも目に留まることがあると思います。今回はこれらのボールの意外な一面についてご紹介します。


■クリアボール

Chinese Bowling
Chinese Bowling / HerrBerta


ここで言うクリアボールとは、ボールの内部が透けて見える透明なスペアボールのことです。
実は、この種類のボールはドリルでフィンガーホールを開ける際に割れやすく、ドリラーの方がおっしゃるには「ドリラー泣かせ」だそうです。

また、透明なものに傷がつくと目立ちやすいため、注意が必要です。


■記念品ボール

superman bowling ball
superman bowling ball / Lisa Padilla


この種類のスペアボールは、表面にデザインを印刷しているだけのものが多いです。従って、ボールに傷がつくと傷の部分だけデザインが消えてしまうことがあります。
また、ポリッシュやサンディングなどボール表面に加工を行なうと、せっかくのデザインが消えてしまう可能性があります。
これより、記念品ボールは観賞用にするのも1つの手かもしれません。有名プロのサインが記念品ボールに書いてあるなら、なおさら観賞用にすることをオススメします。


■実用性

My bowling ball. I heart it. Bam! 8:36pm
My bowling ball. I heart it. Bam! 8:36pm / dearanxiety


実用的なスペアボールとして色がシマシマのボールがよいと思います。比較的割れにくく、傷も目立ちにくいです。
関連記事

| スペアボール | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/99-baeab014

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT