ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボウリング 両手投げの10番ピン(回転)

■回転方向

Vliegende Kegels / Flying Pins
Vliegende Kegels / Flying Pins / FaceMePLS


両手投げは片手投げと比較して、「回転方向(AR:アクシスローテーション)」を容易に変えることができます。これを上手に利用して10番ピンを取りたいものです。今回は両手投げの方々が10番ピンを取るときに際に役立つ回転について紹介します。


■縦回転

前方へこぼす

純粋な縦回転に近いと、ボールはほとんど曲がらないので、どのようなレーンでも10番ピンのカバーに対応しやすくなります。縦回転のボールを投球するコツを以下に記します。

薬指を10番ピン方向へ向ける
手の前方へボールをこぼすように投球する (上の写真)

1投目と同じように、ボールを体の内側方向へこぼすと、横回転が入ってしまい、ボールが曲がりやすくなります。

以前にご紹介した「回転量を落とすコツ」や「インサイドからの投球」を組み合わせて実践してはいかがでしょうか。もちろん、スペアボールを使って下さいね。

これに球速アップがプラスされると、10番ピンはもはや敵ではありませんね。



追伸

実は私も10番ピンの練習を結構しています。6番ピンはOKだけど、10番ピンの手前でボールが動く~(^_^;)
関連記事

| 10番ピン(両手投げ) | 18:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いつも為になる記事有難うございます。
10ピンのカバーは、なかなか大変です。記事にあるように、
中指6時薬指7時にして、10ピンめがけて、前にこぼしたり、して練習しています
この指の角度をヒントに、1投目もこれにしました。
両手なげ練習180ゲームぐらいたち、時々、200点がでるようになり、前回から。縦軸を考えて、スパットを体の中心に置いて、プッシュアウェイの形の時、頭、ヘソ、右足カカトの縦を壊さないように。3歩目左に開いて右方向に体向ける練習し始めました。これが間違いでなければ、
deep inside 出来るようになるかも?
兎に角練習あるのみなので、また、ヒントになる記事。おまちしています。

| さだやん | 2013/10/19 17:10 | URL |

Re: 軸

さだやんさん、コメントありがとうございます。

deep insideでの投球は両手投げの方に聞くのもよいですが、ローダウン投法などでdeep insideから投げるプロから意見を聞くのも良いかもしれません。両手投げは超少数民族ですので(笑)
私の場合、助走中に左に動くタイミングが投球ごとに安定していないので、比較的遅いレンコンのボウリングセンターで練習したりしています。
アメブロではボウリング日記を書いています。よろしければご覧下さい。
http://ameblo.jp/avg200

| mrds1 | 2013/10/20 11:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/94-a467141d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT