ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アジャスティングの基本(スパット・フッキングポイント)

■フッキングポイントとスパット

タイトルなし
タイトルなし / fiat luxe


アジャスティングの中には、基本的なものとしてフッキングポイントに関するものがあります。今回はアジャスティングの基本的な考え方を簡単に紹介したいと思います。


今回紹介するお話はマイボールをお持ちの方を対象にしております。興味のある方もご覧下さい。また、アジャスティングに関しては賛否両論あると思いますが、ご了承下さい。


■フッキングポイントへの道

フッキングポイントについては前回までの記事で紹介しました。
⇒「ストライクのラインを探す(フッキングポイント)

アジャスティングの種類はいろいろあります(回転方向・ボールを変える等)が、重要なことは「フッキングポイントへどのような角度でボールを入れるか」という点だと思います。その角度は球質によります。
フッキングポイントへの角度

例えば、回転量の多いボウラーと回転量の少ないボウラーが同じフッキングポイントを使う場合、回転量の多いボウラーの方がより内側から投球します。(図①)

また、同じ球質のボールを同じフッキングポイントへ入れても、フッキングポイントへ入る角度が異なると、当然ボールの最終到達地点は異なります。(図②)


■スパットの使用法

Asbury Lanes / Asbury Park Comic Con 2
Asbury Lanes / Asbury Park Comic Con 2 / DanCentury


スパット(又はスパット付近の板目)は、フッキングポイントまでの通過点にすぎません。
スパットはフッキングポイントへ適切な角度でボールを投げるための目印と思って下さい。

出典 「目指せ200点!スポーツボウリングの世界」NHK出版
関連記事

| アジャスティング | 17:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

潮干狩り

いつも楽しい、動画などありがとう御座います。近況報告させていただきます。そこそこ、両手投げが、自分なりに、安定しつつあり、21日は大潮でしたからシジミを取りに行きました。踊るようなステップからのトップでの脚を広げたスタイルが、潮干狩りの時に似てるとおもい。左脚の膝荷重にさせながら、シジミ取りました。
他人からは滑稽に見えたでしょう!
これで効果が有ればいいのだが??

| さだやん | 2013/07/22 23:40 | URL |

Re: 潮干狩り

さだやんさん、コメントありがとうございます。

日常の動きにトレーニングを取り入れるとは流石です。

両手投げに移行して1ヶ月は投げるたびに左足が痛くなりました。
それだけ両手投げは投球の土台である足腰がしっかりしていないと、ぐらついて投球が安定しないです。
あと、右足のキックが球速アップに重要です。

両手投げが上達するイメージとしては、「四角いものを丸く削る感じ」と両手投げ上級者から聞いております。
うまくいくと突然上達するらしいです。

しかし、もう潮干狩りの季節ですか~
暑さに負けず、お互い頑張りましょう。

| mrds1 | 2013/07/23 21:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/86-a6b59d0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT