ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボウリング投球フォーム全体の動き(片手投げ)

■基本をおさえる

Bowling
Bowling / prayitno


ボウリングを一層楽しむためには基本となる投球フォームを身に付けることが重要です。
正しいフォールを身に付ければラクに投球できますし、コントロールも良くなるためスコアが上がります。なので、正しい投球フォームをマスターしましょう。
今回はボウリング投球の全体イメージをお伝えします。


■投球の全体イメージ




上の動画をご覧下さい(4歩助走)。

Stanceは簡単に言うと「構え」です。投球はPushaway(プッシュアウェイ、動画のStep1)から始まり、Follow Through(フォロースルー、動画のStep4)で完結します。

・ボールはプッシュアウェイからリリースまで振り子運動
プッシュアウェイ→ボールを前へ押し出す
ダウンスウィング→ボールは振り子の最下点
バックスウィング→ボールは振り子の最高点
リリース→ボールは振り子の最下点

・助走はプッシュアウェイからリリースまで4歩で完結
プッシュアウェイ→右足を前へ
ダウンスウィング→左足を前へ
バックスウィング→右足を前へ
リリース→左足を前へ

ここで上半身と下半身のタイミングをとるのはプッシュアウェイです。
投球中に振り子運動を修正して助走とタイミングを合わせるのは至難の業で、修正の際に力を入れてしまうことがよくありません。プッシュアウェイ時にしっかり上半身と下半身のタイミングをとりましょう。

ダウンスウィング(動画のStep2)やバックスウィング(動画のStep3)では振り子運動を自然に行うことがポイントです。
また、バックスウィングの高さや右足(4歩助走の3歩目)の役割も重要です。

リリースは、ボールにパワーを吹き込む動作です。
リリースを失敗すると、プッシュアウェイからバックスウィングまでが綺麗でも、投球全体としてはNGです。それだけ大事な動作です。初心者の方に注意して頂きたい点は左足とリリースの速度などがあります。

フォロースルーはしっかり振り切るために行います。


各動作のポイントを個別記事で紹介します。


■投球のばらつき

bowling-148692_640.png 

管理人もボウリングを始めて長いこと経ちますが、投球のばらつきはまだまだあります。
このようなときは自分で悪かった点を考えたり、上手な方やインストラクターの方に診てもらいます。後ろから動画を撮ってもらうと、じっくり自分のフォームを観察できます。

少しずつ改善しながら投球フォームを身に付けましょう。
関連記事

| 投球全体 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/8-89883f80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT