ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボウリングの投球時の動き

■ボウリングの投球

Bear Bowling at Nokomis Lanes 16
Bear Bowling at Nokomis Lanes 16 / Victory & Reseda


ボウリングは、ただボールをポイっと投げているのように見えますが、その動きはチョットだけ特殊です。
これを知っておくと後々練習が進みやすくなります。逆に知らないと上達が遅れるだけでなくバランスを崩して転倒することもあるので注意しましょう。

それではボウリングの投球をザックリ紹介します。


■イメージをもつ

bowler-656919_640.jpg 

皆さんは「イメージトレーニング」という言葉を聞いたことがあると思います。体は動かさず、理想の運動動作を頭の中で思い描いて学習するトレーニングのことです。
練習する際は、頭の中で投球全体像をイメージして頂けると幸いです。


■上半身と下半身

実は、投球時の上半身と下半身を比較すると、全く異なる動きをしています。

上半身はボールをおもりとする「振り子運動」をします。
下半身は「助走」を行います。

上半身と下半身
出典 http://www.flickr.com/photos/usaghumphreys/6981149582/
2012 Korea and U.S. Friendship Bowling Tournament - U.S. Army Garrison Humphreys, South Korea - 28 April 2012


ボウリングはこの大きな2つの動きをタイミングよく連動させます。上下の動きがバラバラだとスムーズに投球することができません。
反対に、タイミングが合えば大して力を加えなくても威力のあるボールを投げることができます。

後に記事に「振り子運動」と「助走」について詳しく紹介します。
関連記事

| 投球全体 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/7-f3afc385

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT