ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インサイドの投球練習(ボウリング)

■レーンの中を投げる

Young man after trowing an orange bowling ball
Young man after trowing an orange bowling ball / Horia Varlan


曲がるマイボールをお持ちの方は、レーンによってはアウトサイド(だいたい10枚目から外)のオイルが非常に少なく、インサイド(だいたい10枚目から内)のオイルが多いところを使って投球するケースがあると思います。アウトサイド一辺倒の方は、こういったケースだとボールが曲がりすぎて四苦八苦するかもしれません。今回は上級者から教わったインサイドの投球練習について紹介します。


■10番ピンのラインから徐々に動く

release...
release... / gitsul.


今回の内容は若干難しいです。しかし、興味がある方やアベレージ180以上を目指す方は是非読んでみてください。
インサイドの練習
練習の順序は以下のとおりです。

① まず、1投目のボール10番ピンのラインを投げる。
(10番ピンを倒す必要は無い)

② ①の際、倒れたピンを覚えておく。

③ ①のラインを投げ続ける。(自分でオイルの壁をつくる)

④ 投球を続けると同じラインでも倒れるピンが違ってくるので、ライン自体を①より徐々にインサイドに設定して、①の際に倒れたピンを倒すようにする。

左図は分かりやすいように描いています。あくまでイメージ図です。


はじめは10番ピンのラインなので、10番ピンを取る練習にもなります。また、オイルの変化を体感することができると思います。
レーンが遅い(オイルが少なくなって曲がりすぎる)時にどう対処するか、多くの引き出しを作っておきたいものです。

| インサイド | 23:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

難しそうですね。
10ピン残りは苦手意識がありましたが、ようやく最近になって克服しつつあります。
レーンのコンディションに対応した投球が出来る前に、そのコンディションを知る方法が分かりません (^^;;
もう少し、上達したら是非試してみたいと思います。

| ケン桜木。 | 2013/02/07 15:36 | URL |

コメントありがとうございます。

ケン桜木さん、コメントありがとうございます。

打倒10番ピンは私も同じ思いです。
レーンコンディションの把握は私も勉強中です。大会では同BOXの方のボール挙動も見るようにしています。
現在は安定して投球ができるように、「1投目5枚目真っ直ぐ、2投目5枚目を通してスペア」の練習を行っています(レーンコンディションの変化に対応するには安定した投球も必要なため)

| mrds1 | 2013/02/08 07:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/67-2f0d2819

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT