ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボウリングにおけるテーピング

■テーピング

Drunken Friday Photography: Bowling Shoes
Drunken Friday Photography: Bowling Shoes / Shaylor


スポーツにおいて、テーピングは怪我防止や弱い部位を補強するために行われます。当然、ボウリングにもテーピングはありますよ。今回は数あるテーピングの中で、使用頻度の高い親指の背中に行なうテーピングを紹介します。


■なぜ親指の背中か

Bowling, shoes.  Yeah!
Bowling, shoes. Yeah! / micah.d


親指の背中は比較的怪我しやすい部位です。 なぜなら力を入れてボールを持ってしまうと、親指の第一関節が穴の側面に当たってしまうからです。今回のテーピングは、ボールを握ってしまう方にお勧めします。また、テーピングをするメリットとして、親指の背中をいつも同じコンディションに保てる点があります。

■テーピング方法

テープはプロショップに販売されている物でも良いですが、100円ショップでも使えるものがあるそうです。テープによって滑りやすさが異なるので、何種類か試してみてください。テーピング方法は以下のとおりです。

テープ①②③

①テープの片端を丸く切る
テープは片端を丸く切ったほうが指に馴染みます。角を残したまま貼ってしまうと、そこからはがれやすくなります。また、テープの長さが短すぎると、はがれやすいです。

②下地剤を親指の背中に塗る
下地剤はプロショップに売っている専用のものをオススメします。プロショップの下地剤は揮発性が低く、はがれにくいです。

③テープを伸ばして貼る
テープを伸ばして貼ると、若干ボールを握リ込むことを抑えることができます。

関連記事

| 親指背中 | 21:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

テープの種類も張り方も人それぞれみーんな違うので 最初は随分迷いました。
今は一応 これかなぁ?という貼り方で落ち着いてますが 親指は日によって太さが全然違ってくるので 調節もむずかしいですね~。

| びおらん | 2012/12/06 12:02 | URL | ≫ EDIT

下地

Mrds1さん
こんにちは

いつもブログ見ています。
充実した内容ですごいですね。

テープは自分も使ってますが
下地は知りませんでした。
今度調べてみます。

ではでは

| ライアン | 2012/12/06 16:32 | URL |

コメントありがとうございます

>びおらんさん

びおらんさんのおっしゃるとおり、親指の太さは確かに違う時があります。サムホール(親指の穴)を調整する手もありますね。私の場合、4日ほど投げないとスコスコになります。この記事が、テーピング方法を探している方の参考になれば幸いです。


>ライアンさん
下地剤はスキンパッチより「のりった」というものがはがれにくいです(ただし、高いです。)下地剤をつけたほうが、汗に強くなるので、結構はがれません。是非お試し下さい。

| mrds1 | 2012/12/06 21:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/53-c61f7bfd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT