ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボールのメンテナンス(ボウリング)

■ボールは相棒

ボーリング
ボーリング / june29


皆さんはマイボールのメンテナンス(手入れ)を行っているでしょうか。マイボールはメンテナンスをしないと劣化が進む可能性があります。ボールはボウラーにとって大事な相棒ですから大事にしたいですね。今回はマイボールのメンテナンスについて紹介します。


■タオルで拭く

タオルで拭く

その日の投球が終わったら、クリーナー(ボール表面の汚れを落とすスプレー)をボールにかけてタオル(専用の布)で拭いて下さい。この動作ではボール表面の汚れを落とします。以上がメンテナンスの基本となります。



■部品の交換

フィンガーグリップ長い期間マイボールを使用すると、フィンガーグリップ(中指と薬指を入れるゴム)の穴が削れてゆるくなることがあります。この時はフィンガーグリップの交換を検討してみてください。どこのボウリングセンターでも、フィンガーグリップ1個あたり500円位の費用です。

また、インサートテープ(親指の穴径を調整するテープ)黒くなっていたら変えることを検討してみてください。黒くなる原因は「オイル」であり、テープにオイルが付着すると親指の感覚が変わってしまいます。 テープを交換する際は、同じ場所に貼るようにしてください。同じ場所に貼ったと思っても、シールの場所が手前と奥では、親指の抜けが異なると思います。


■オイル抜き

ボールに染み込んだオイルを抜くと、リアクションが新品に近づくと言われています。
ただ、ボールを加熱(専用の加熱器・お湯等)する方法でオイル抜きを行なうと、ボールの傷口が広がってしまい、下手をするとボールの寿命が100Gほど短くなる可能性があります。
オイル抜きについて上手な方に相談したところ、加熱の代わりに専用の布を使用するのが良いと勧められました。 「アドレナリンワイプ」というもので、価格は1000円ぐらいです。私が使用したら体験レビューを書きますので、お楽しみに。


■まとめ

マイボールのメンテナンスの基本は「クリーナーをボールにかけてタオルで拭く」ことです。
関連記事

| ボールのメンテ | 17:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ラウンドワンのハウスボールにそっくりです。ラウンドワンの13ポンドはかっこいいです。

| 25歳 | 2014/05/01 19:34 | URL | ≫ EDIT

ラウンドワンのボール

25歳さん、コメントありがとうございます。

ハウスボールは似たようなボールが多いですが、確かにラウンドワンのボールはデザインがいいですね~
一度、自分がデザインしたボールを作製したいものです。もちろん、両手投げのロゴを入れます(#^.^#)

| mrds1 | 2014/05/13 20:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/49-5472cbf3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT