ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボウリングにおける7番ピンの取り方

■左端のピン

ピン子さん
ピン子さん / HIRAOKA,Yasunobu


以前に一番右端にある10番ピンの取り方を紹介しました。では、反対の左端に位置する7番ピンはどうでしょうか。端のピンはガターに近いので取りづらいものです。今回は、あるセンターの副支配人から教わった7番ピンの取り方を紹介します。


この記事では右投げを前提とします。

■オイルの濃淡

SLIP HAZARD - DO NOT CROSS FOUL LINE
SLIP HAZARD - DO NOT CROSS FOUL LINE / dmuth


レーンにはオイルが塗ってあります。オイルが多く塗ってある部分ではボールは滑るように転がり、逆にオイルが少ない部分ではボールは曲がりやすいです。オイルの濃淡は、センターごとや、同じセンターでも定期的にパターンを変えているところもあります。なので、実際に投球して曲がり具合を確かめる必要があります。


■ボールの違い

「スペアボール」または「1投目のボール」で取る方法があります。

7番ピンの取り方
●スペアボール

理想はスペアボールをスピードを上げて投げることです。 曲がらないので、どこのセンターでも対応できると思います。
通すスパットは右から2番目や、ど真ん中が良いと思います。(左図青線)特にど真ん中のスパットは、どのボウリングセンターでもオイルが多くて曲がりづらいので、おすすめします。

●1投目のボール(曲がるボール)

7番ピンのボール2個位をめがけて投げるイメージです(左図赤線)。レーンコンディション(オイルの濃淡)に左右されます。あらかじめ曲がり具合を確かめてください。

いずれの方法も、対角線を意識して、右から左へ投げます。レーンの左ガターすれすれを真っ直ぐ投げるのはリスキーです(コントロール向上の練習なら一番右のスパットを真っ直ぐ投球したほうが、実戦で役に立つと思います)。

| 7番ピン | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/48-f52e5e2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT