ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Pリーグの選手と投げる②

■Pリーガーにチャレンジ

Lining up the winning roll
Lining up the winning roll / jpvargas


最近、Pリーグにおいてキューティーアイズと呼ばれている安藤瞳プロにチャレンジする大会に参加しました。俗に言う「プロチャレ」と呼ばれるもので、プロに勝利したら勝利者賞がもらえます。私の体験を交えながら安藤瞳プロについて簡単に紹介したいと思います。


■安藤瞳プロ

安藤プロ

安藤プロは2010年にプロテストを合格された、比較的若いプロです。安藤プロの体格は非常に小柄で、同BOX内の方が「俺の半分ぐらいの体重だな」と言っていた位です。

バックスウィングは肩の高さで、無理のない自然なフォームです。フォロースルーが顔の上まで上がっており、しっかり振り切っているのが印象的です。あと、プロテクター(手首が折れないようにサポートする器具)を装備されておりました。


■プロの練習方法

安藤プロに直接話をする機会があったので、普段やっている練習について質問しました。
調子悪い時は、以下のような練習をするとおっしゃっていました。

=============================================
・スコアは一切気にせず、ただ真っ直ぐ投げる
・投球コースは5枚目(一番右の▲)真っ直ぐ、10枚目(右から二番目の▲)真っ直ぐ
スペアボールで投げる。曲がるボールだと真っ直ぐ投球できたか確認できないため
⇒真っ直ぐ投球できないときはフォームをチェックする
=============================================
現在はフォロースルーをしっかり取るように意識していると、話していただきました。

安藤プロのおっしゃるとおり、真っ直ぐ投球してフォールを固めることは重要なのですね。私も真っ直ぐ投球できるかチェックしてみます。

| 安藤瞳プロ | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/45-2aef0c71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT