ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボウリングの筋トレ(足腰を鍛えるには?)

■ボウリングにおける筋トレ

120821-N-BT887-217
120821-N-BT887-217 / SurfaceWarriors


ボウリングは筋肉ムキムキでなくてもできます。女子プロが良いお手本です。この手軽さがボウリングの売りですね。とは言っても、筋力があるに越したことはありません。
今回は、威力のあるボールを投球する為に、必要な筋トレについてを紹介します。


■トレーニングが必要な部位は?

E3 2010 CTA Wii bowling ball
E3 2010 CTA Wii bowling ball / Pop Culture Geek


ボウリングで筋トレする体の部位というと、「腕」や「手首」を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、実際に筋トレが必要な部位は「足腰」です。腕を鍛えても良いですが、投球時に力を入れてしまうとスムーズな投球ができず、本末転倒な結果となる可能性があります。手首が弱い方はリスタイ等で対応できますのでご安心を。

足腰のトレーニングが必要な理由を説明します。4歩助走(右投げ)の場合、
3歩目の動作は、右足で床を蹴ることです。これにより、体全体が大きく前進します。
4歩目では、左足一本で体重を支えます。左足でしっかり止まることにより、振り子と助走のパワーをボールに伝達することができます。
このように、足腰が土台となって投球を支えているためです。
助走ページへのリンク ⇒ 「上半身と助走の連動

どんなスポーツでも足腰を鍛えることは重要なのですね。


■トレーニング方法

Running on the Beach
Running on the Beach / SPC CHEESE


では、足腰を鍛えるためには具体的にどうしたら良いのか?
それは「ランニング」です。スクワットなどのハードなトレーニングは不要です。
夜に走る方が涼しくてオススメです。トレーニングだけでなく気分転換の効果もありますので、是非お試し下さい。

| ランニング | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/37-adeb7804

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT