ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

管理人プロフィール

■管理人プロフィール

Everyone Exception Kim
Everyone Exception Kim / cote


本サイトへのご訪問ありがとうございます。
当サイト管理人のmrds1と申します。

ボウリングを始めて8年になります。最初はアメリカのボウリング番組を見て「こんな竜巻みたいなボールを投げてみたい」と思って気軽に始めました。気がついたら、マイボールを5つ所持するぐらいハマっています(笑)

平日は普通のサラリーマンをやっており、アフター5や週末にボウリングを楽しんでいます。
基本的に週3~4のペースで投げていますので、4日間ほどボウリングをしないと投げたくてウズウズします。軽い禁断症状ですね(笑)

実は、ハイスコアは297です。最後の1投が7本しか倒れなかったのです。
297.jpg
※クリックすると拡大します

最後の1投は、投げた瞬間「しまった」と思わず口に出てしまいそうな投球でした。まだまだメンタルを鍛えないといけません。そのため、最近はボウリングセンターの大会に出場して、緊張した中でも安定した投球ができるようにトレーニングしています。


追伸(2015/12/28)

両手投げに転向して約2年、Perfect(スコア300)を達成しました。
300.jpg 
※クリックすると拡大します

さすがに最後の1投は緊張しましたね。片手投げ時代では大失投しましたので(笑)

今回は公式戦での達成により、ボウリングセンターさんの掲示板に顔写真が貼られてしまいました。正直、ちょっと恥ずかしいです(/ω\*)



■ボウリングを始めて変わったこと

人々 

ボウリングを通してさまざまな年代・業種の方と交流する機会が増えました。
私は社会人になった当初、昼は会社、夜は疲れて何もしないという生活パターンに陥りそうになりましたが、さまざまな方々と話をすることによって新たなコミュニケーションが生まれ、さらに上手な方からアドバイスをいただけるようになりました。

ラウンドワンで練習していた時、隣のレーンの方々に「仲間内で企画中のボウリング大会に一緒に出てくれない?」と誘われ、そのまま現在も一緒にボウリングしている例もあります。


■ボウリングへの思い

思い 

ボウリングは社内大会等があるように、みんなが気軽に行えるスポーツです。私がボウリングを始めたきっかけはアメリカのテレビ番組を見たことですが、今では本気でアベレージ210を目指しています。

ボウリングは1人でやるよりも、大勢でやったほうがお互い刺激し合って上達も早いですし、なにより楽しいです。そして、モチベーションも保つことができます。

本サイトを通してみんな一緒にボウリングを楽しめたらいいなと思っております。
関連記事

| 初めての方へ | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/2-47f4236d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT