ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

腕の疲れないボウリングボールの扱い方

■ボールの扱い方

Bowling Treff 05-2010 (13)
Bowling Treff 05-2010 (13) / Axel Schwenke


備え付けのボール(ハウスボール)でもマイボールでも共通している扱い方があります。
些細なことですが、今から紹介する内容は長い目で見ると腕への負担やマイボールの寿命に影響を及ぼします。
皆さんの参考になれば幸いです。


■ボールを両手で持つ

プッシュアウェイからはボールは利き手だけで支えます。しかし、それ以外のときはどうでしょうか。ボールを持ち上げるときに片腕しか使わない方もおられると思います。

Bowling
Bowling / Shivenis


上の写真のようにボールを持つと腕が疲れてしまいます。

bowling girls
bowling girls / peterp


下の写真の左の方のように、ボールは基本的に両手で持ってください。
腕がラクなのは言うまでもないです。そのほかの効果として、ボウリングが上手な人に見える点もあります。 
くれぐれもボールを頭の上に乗せないように(笑)


■ボールを拭く

BowlingBowling / pmsyyz

備え付けのボール(ハウスボール)はレーンのオイルでベタベタしています。なので、備え付けのタオルでボールを拭いてください。投げるときに手が滑りづらくなります。
マイボールをお持ちの方は、専用の布で投球ごとに拭いてください。マイボールはオイルをどんどん吸い込んでしまうので、その前に拭き取ることがマイボールの寿命を延ばすコツの1つです。
また、どちらのボールにもいえる事ですが、投球の前に風で手を乾かしておくとよいでしょう。手汗で滑ることが少なくなりますよ。

| ボールの扱い方 | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/14-44273c59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT