ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボウリング 両手投げ ボールの持ち方(ゆりかご・左右対称)

■ボールの持ち方

Bowling ball
Bowling ball / quinn.anya


両手投げは片手投げと比較して回転量が多くなりますよね。縦回転や横回転など、自在に回転を操れる両手投げは楽しいものです。両手投げのボールの持ち方は様々だと思いますが、今回は頂いたアドバイスや私の持ち方などをご紹介したいと思います。


ボールの持ち方は人それぞれです。
賛否両論あると思いますが、興味のある訪問者様はご覧下さい。


■左右対称

PBAでいうと、JasonBelmonteプロに近い持ち方だと思います。

まず、右手の中指と薬指をボールに入れます。もちろん両手投げの持ち方なので、親指は入れませんよ(笑)

次に、ボールに左手を添えて左右対称になるように持ちます。こうすると、ゆりかごの形になると思います。
左右対称

アドレスの際に、左手をボールに添えて少し上へ引き上げます。そうすると自然にカップリストができます。
ボール引き上げ

左手と右手の位置関係(距離)により、バックスウィングの感覚が異なってきます。左手の主な役割として、右手のカップリストをつくることと、バックスウィング補助があります。ご自身で位置関係を調整してみて下さい。


■ボールを回さない

Balls
Balls / sumeetjain


右手の内側(体側)にボールがコロッとこぼれるようにリリースすると横回転がかかります。
無理して横回転をかけようとすると、手でボールを回して投球してしまい、ボールを効率良く押すことができません。
両手投げはただでさえ回転量が豊富です。回転量を増やすよりスピードを上げることを優先したいものです。

| ボールの持ち方(両手投げ) | 19:55 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

左手

いつも色々なにかしら、なるほどと思う記事有難うございます。
左手に関していえば、1投目は右手人差し指左手中指合わせて添えています。そして10ピンに関していえば、左手オスクのように左手の人差し指と中指の間に左手小指被せて左にこぼれないようにしています。意外とうまくいきます。ただし忘れていけないのは、左手の肘を前に出し肘優先にするのが大事かな、と、
思っています。
色々思考錯誤しながら技術高めたいですね!

| さだやん | 2014/03/07 23:55 | URL |

Re: 左手

さだやんさん、いつもコメントありがとうございます。

10番ピンの取り方をかなり工夫しておられますね。流石です。両手投げは回転を変化させやすいので、10ピンを取る際は縦回転気味で投球したいものです。
ただし、ブロークンリスト(手首が外側に曲がった状態)にならないように注意が必要です。私は縦回転で投げようとすると、ボールを押す感覚にとらわれてしまい、よくブロークンになってしまいます(笑)

そろそろ片手投げの記事も再開しようと考えています。

両手投げもさだやんさんと一緒に頑張って練習したいと思います。

| mrds1 | 2014/03/10 20:17 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/03/17 21:36 | |

Re: 有難う

いつも暖かいコメントありがとうございます。

さだやんさんが仰るように、オスクパレルマプロは踊るように助走していますね。まるでアプローチが舞踏館のようです(#^.^#)。ジェイソンベルモンテプロはどちらかというと地に着いた助走です。私もよくPBA動画を見るのですが、見入ってしまい、寝るのが遅くなることが度々です。
いろいろ教えて下さりありがとうございます。

相互リンク先のライアンさんに以前お聞きしたところ、ライアンさんのボールスピードは速いです。早くライアンさんのスピードに追いつきたい次第です。

最後に、コメントは「非公開コメント」ではなくてもOKです。
私のブログは長文コメント大歓迎ですよ(≧∇≦)b

| mrds1 | 2014/03/19 20:31 | URL |

サイドステップ

今日は、両手投げも、随分練習していますが。
投げるたびに、色々課題がでてきますが、前回の練習で気が付いたことありましたので、報告がてら、、、、。
3歩目の右足外側へ向けることによる。胸鎖関節の回転がとても大切なのは、解ってきましたが、
なかなか外向きに出来ません。ところがシャドーボウリングの時、右足を外向きにするのは右肩と右膝が縦軸でリンクさせたほうが、
楽にできる事発見。その事により、3歩目左足を、随分感覚より多目にサイドステップし、同時に右足の踵を上げ膝を前にだし、肩の前で外向き右足からボール下に投げる様にしたら、ある程度納得のストライク出ました。
まだ答えでは、
ありませんが、少しずつ進歩してきました。

サイドステップの必要な意味わかってきたかな。
なを2歩目のプッシュアウェーは体の真ん中が、良いみたい。
まずは報告がてらお試しあれ、ということで、
fasebookの記事はいつも拝見しています、
では、これにて、また気ずいたことあれば、コメントさせて頂きます!

| さだやん | 2014/03/28 23:11 | URL |

Re: サイドステップ

さだやんさん、いつもコメントありがとうございます。

最近「難しいな~」と思っていることが、プッシュアウェーのタイミングです。さだやんさんが仰るように、プッシュアウェーの向きにも注意を払いたいと思います。

両手投げの場合、ボールが大きく曲がるため、左への助走はほぼ必須です。特に左に動く程度が難しいです。

また、助走時に左へ動く理由の一つとして、スウィングを邪魔しないことにあります。真っ直ぐ助走すると、スウィングと右足が干渉してしまい、真っ直ぐなスウィングにならないことがあります。

さだやんさんがおっしゃるように、投げると色々なことが分かってきますよね(^-^*)

| mrds1 | 2014/04/05 15:41 | URL |

4スタンス理論

mrds1さん。今日は最近知った事ですが、
4スタンス理論と言う。人間と産まれて、
きた時。持って産まれた運動軸が4つに
分類される。4スタンス理論に興味が湧き、
調べたら私はA1でした。
両手投げを始めてオスクとジェイソンの
動画をみていて、練習の時、オスクも、
やって見ましたが、
何かオスクの方が投げやすい気がしています。
こちらを実践した方がいいのか?
迷っています。
さて、気ずいた事ですが、
オスクとジェイソンの共通することは、
何だろう?と、考えてくらべてみて、解ったこと、
報告させて頂きます。
1. 両手で投げる。
2. スタンバイでの左手の位置
3. プッシュアウェーでの右手の脇締めの
右向き、捻り。
この3点は共通。
ここで気ずいた2. の意味
左手の甲の動きは、全く同じ!
この事により、スタンバイで右手の捻りで、
縦回転や、バックアップが、出来るのではないか。
これからの課題です。練習で、やって見て
また、報告させて頂きます。

| さだやん | 2014/04/15 23:21 | URL |

Re: 4スタンス理論

さだやんさん、いつもコメントありがとうございます。

私の4スタンスのタイプは「B2」です。野球のバッティングでいうと、松井みたいにボールを引き込んでから打つようなイメージです。

個人的に左手の動きは非常に難しいと思っています。
なにせ、リリース前までボールを両手で持っているため、プッシュアウェイからバックスウィングまでに、ボールをスウィングせずに、すぐ抱えてしまうからです。(この癖は私だけかもしれません)

私もさだやんさんに負けじと頑張りたいです。

| mrds1 | 2014/04/20 17:41 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/04/21 08:59 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/107-8a2a18d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT