ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボウリング ロフトの対処(ボール落下音が大きい場合)

■ボールの落下音

Bowling
Bowling / NickNguyen


両手投げや片手投げにこだわらず、投球時のボール落下音が大きくなる(ロフト気味になる)ことはありませんか。
今回は投球がロフト気味になる場合の対処についてザックリ紹介したいと思います。


■下に投げるイメージ

下に投げるイメージ

ロフト気味になるということは、腕に力が入ってボールを持ちすぎている場合が多いです。言い換えると、ボールを離すタイミングが遅いです。腕がボールに引っ張られている感覚だと思います。

このような場合、ボールをピン方向へ投球するイメージではなく、「下に投球するイメージ」をもって投球してはどうでしょうか。
ボールの落下音が小さくなれば、ロフトの程度が改善したと思います。腕への負担が減り、スムーズに投球できるようになると思いますよ。


■両手投げ固有の悩み

balls
balls / Sue Peacock


両手投げの場合、手に吸い付くボールは少しだけ厄介です。左手がボールから離れるタイミングが他のボールより遅くなることがあります。「両手投げもリリース時は片手投げ」になりますよ。


出典
http://www.youtube.com/watch?v=I3lttj8Sbcg
PBA Tournament of Champions Jason Belmonte-Pete Weber 3-31-13
関連記事

| リリース | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/102-96e1cf97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT