ボウリング初心者がスコア150を出すコツ ~両手投げにチャレンジ~

ボウリングの練習、大会、インストラクターから学んだコツを紹介します。両手投げの記事もありますよ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボウリング 左腕で上半身のバランスをとる

■片腕に重いボール

Bowling
Bowling / Clarkston SCAMP


ボウリングでは、片腕に重いボールを持ちますね。
もう一方の腕は基本的に何も持たず、アドレスからプッシュアウェイにかけてボールを支えるぐらいです。何も知らずに投げてしまうと重いボールのある方に上半身が傾いて、正確に投球できません。
今回は投球時における左右のバランスのとり方を紹介します。


■バランスのとり方

Bowling Treff 10/2009
Bowling Treff 10/2009 / Axel Schwenke


ここでのバランスのとり方は、プッシュアウェイ終了時から行なってください。
左右のバランスを保つため、上の写真のようにボールを持っていない腕(右投げなら左腕)を外側に伸ばします。特に手が低い位置にあると投球が安定します。

普通に投げてしまうとボールの重さによって右肩が下がるので、左肩も少し下げることにより両肩のラインを水平に近づけます

実は、この記事で書いたことは、私がインストラクターの方から一番最初にを受けたアドバイスです。
左腕をうまく使うと左右のバランスが取れるだけでなくフォームがきれいに見えますので、ぜひ実践していただきたいと思います。

他にもボウリング独特のバランスを保つ動作がありますので、別の記事でお伝えします。

| 左右のバランス | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bowlingbeginner.jp/tb.php/10-4ce1e444

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT